【更新】CEATEC JAPAN 2018で先進地域が取組を紹介します!

2018/10/04(木)


2018年10月16日~19日、幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2018」において、地方版IoT推進ラボの先進地域が取組の紹介を行います。
 

○日時:2018年10月16日(火)12:30-13:15、17日(水)12:30-13:15
○会場:幕張メッセ イノベーショントークステージ

<10月16日登壇者>

札幌市IoTイノベーション推進コンソーシアム  
「札幌における産学官連携によるIT産業振興の取組み ~札幌市IoTイノベーション推進コンソーシアムの取組みを中心に~」
  • 講演者:一般財団法人さっぽろ産業振興財団 事業本部長 村椿 浩基 氏
  • 講演概要:札幌市IoTイノベーション推進コンソーシアムは、札幌において先端技術を活用したビジネス創出を目的として2016年に設立され、地方版IoT推進ラボとして選定されました。現在は人材育成やAI関連プロジェクト推進など様々な活動を行っており、本講演ではその活動を中心に、札幌市におけるIT産業振興関連の取組みをご紹介します。
 詳細・聴講申込はこちらから


<10月17日登壇者>

加賀市IoT推進ラボ  
「石川県加賀市におけるIoT/ブロックチェーン技術の活用と展望」
  • 講演者:加賀市 経済環境部 理事 奈良 陽一 氏/株式会社スマートバリュー スマートバリューLab.Division 開発推進Group Team Leader 深山 周作 氏/シビラ株式会社 Co-Founder & CTO 流郷 俊彦 氏(2018年10月4日更新)
  • 講演概要:人口7万人弱の地方自治体である加賀市は、地域課題の解決をIoTやブロックチェーンの活用に見出しています。本講演では新技術利活用のきっかけから現在の取組、今後の展望を説明・発表します。
 詳細・聴講申込はこちらから
 

カテゴリー Category

アーカイブ Archive

現在の地域ラボ数

おすすめ記事 Recommend

人気記事 Popular