(募集期間延長)オンラインIoTハンズオン基礎研修を開催します。

 第四次産業革命、Society5.0、DXの進展、さらには、新型コロナウイルスの感染拡大により、企業におけるICT・IoT活用の重要性が年々高まっている現状から、IoTを活用した現場の改善活動を支える人材の育成を通じて、県内の中小企業等のDXを推進することを目的にIoTの基礎をハンズオンで学ぶことのできる研修を開催します。
 本研修では、それぞれの企業の状況に合わせて活用いただける2つのコースから受講いただけます。

1.実施内容
 本研修では、IoTを使用するうえで必要とされる、センサ/ソフト/Cloud の3スキルの基礎を学ぶことができます。研修は3回に分けて行われ、各研修の合間もチャットルームを活用し、講師によるフォローを行うことで、IoTの導入までを手厚くサポートします。
 また、参加いただいた皆様には最後の研修の際に、それぞれの取組の内容を発表いただく場を設けております。
 
 各コースの1日目では、実際に機器を扱いながらIoTの基本的な知識、ネットへの接続方法を学びます。
 2日目は、1日目の内容を踏まえたIoT機器の設置や活用について学びます。
 3日目は、ゲスト講師による基調講演、参加者いただいた皆さまの成果発表を行います。

(1)コースA(設備の稼働状況を知る)
 
内容:電流・電圧センサーを使用し、機器がいつ動き、停止しているか、といった稼働状況
    を計ります。
    設備の稼働状況の見える化や自動化の基礎を学ぶことができます。
 日時:1回目 12月 1日(水) 9時30分~11時30分
    2回目 12月15日(水) 9時30分~11時00分
    3回目  1月19日(水)13時30分~15時30分
    (3回目は各コース共通の日程で行います。)
(2)コースB(環境を計測する)
 内容:温度センサーや人感センサーを使用し、フロアや冷蔵庫等の環境状況を計ります。
    食品の温度管理などの環境データの自動収集の基礎を学ぶことができます。
 日時:1回目 12月 1日(水)13時30分~15時30分
    2回目 12月15日(水)13時30分~15時00分
    3回目  1月19日(水)13時30分~15時30分
 
 ※研修のイメージは下記動画をご覧ください。
   

 研修教材
 コースA(設備の稼働状況を知る)       コースB(環境を計測する)
 











       

2.開催方法
  Web配信ツール「Google meet」を使用し、オンラインで開催いたします。

3.対象
  県内企業等にお勤めの方、個人事業主様

4.定員
  各コース9名(先着順)

5.参加費
  無料(別途、教材代11,000円が必要です。)
  なお、研修で使用した教材は研修後もそのまま使用いただけます。
  支払い方法は、参加申込いただいた後、ご案内いたします。

6.申込
  下記URL若しくはQRコードよりお申し込みください。  
  申込締切日:11月12日(金)17時まで
  募集期間延長 11月19日(金)17時まで
  https://www.shinsei.pref.mie.lg.jp/uketsuke2/form.do?id=1634002357033
 
 


 





 ※なお、本研修の参加にあたっては、パソコン又はタブレット1台、スマートフォン1台、Wi-Fi環境が必要となります。必ずチェックリストをご確認のうえお申込みください。

7.その他
  チラシ
  チェックリスト

カテゴリー Category

アーカイブ Archive

現在の地域ラボ数

おすすめ記事 Recommend

人気記事 Popular

リンクバナー Link banner

リンクバナー一覧