準天頂衛星システム「みちびき」を利用した実証実験 内閣府公募事業に採択

日本版GPSと言われる衛星測位システム「みちびき」を利用した実証実験について
平成30年12月19日、内閣府の公募事業に採択されました。

◇実験名称:「高精度位置情報を利用した排雪業務の高度化および実用化実証」
◇実施形態: 雪国よこて排雪作業軽減対策コンソーシアム(横手市及び民間企業等全7団体)
◇実験内容:・雪の堆雪状況をデータにより把握し、可視化する。
      ・排雪車両の自動運転化に向けた挙動学習。
     ※データに基づく効率的な排雪作業、排雪車両の操作技術の継承、
      作業負荷の軽減などを狙いとする実験。

PDF資料はこちら>>

■みちびきを利用した実証実験公募の採択結果
■みちびき(準天頂衛星システム)


 

カテゴリー Category

アーカイブ Archive

現在の地域ラボ数

おすすめ記事 Recommend

人気記事 Popular

リンクバナー Link banner

リンクバナー一覧